妊活・妊娠中・産後のための葉酸サプリ口コミ比較ランキング 葉酸サプリではじめる健康的な妊娠&出産準備 おすすめ葉酸サプリカタログ 妊活~出産・産後まで丸ごとお任せ葉酸サプリベスト5 葉酸と一緒にとりたい栄養成分 妊娠中に起こる病気・症状 妊娠にどう影響する?葉酸基礎知識 妊娠中に注意すべき食べ物・飲み物
妊活・妊娠中・産後の葉酸サプリおすすめランキング  » 妊娠にどう影響する?なぜなに葉酸基礎知識 » 高齢出産にも使える?

高齢出産にも使える?

高齢出産・高齢妊娠のリスク回避にもなる?葉酸と高齢出産の関係をまとめています。

高齢出産の人が備えておくべきリスクとは?

高齢出産とは、医学的に35歳以上の女性が出産することを言います。現代では、女性の社会進出も増え、キャリア形成を頑張っている間に30歳を超えてしまっていた…という人も少なくありません。

社会的地位や経済面で余裕ができてから妊娠・出産をすることで、メリットも少なからずありますが、女性の肉体面については高齢出産は負担が多いことも事実です。

一般的に女性の体は33歳を超えると女性ホルモンの分泌が低下し、生殖機能が衰えると言われているため、35歳を超えてからの妊娠出産となると、以下のようなリスクが高まります。

高齢出産のリスク

  • 卵子の質が劣化し、妊娠しにくくなる
  • 染色体異常(ダウン症など)の起こる可能性が高くなる
  • 流産や早産の可能性
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病などの発症リスクが高くなる

葉酸は染色体異常や血管障害の予防にも効果あり

葉酸は、DNAなどを司る核酸やたんぱく質の合成を促す効果があるとともに、赤血球の生成を助ける造血作用があることでも知られています。

さらに近年の研究では、血中のホモシステイン(アミノ酸の一種)の濃度を下げる効果があるという指摘がされており、動脈硬化や心筋梗塞、流産や早産を引き起こす高ホモシステイン症のリスクを減少させる効果が期待できます。

これらのことから、妊活中や妊娠初期に葉酸をしっかり摂取しておくと、以下のような効果が見込めます。

  • 精子と卵子を健康な状態にする⇒染色体異常のリスクを減らす
  • 子宮内の内膜を厚くする⇒妊娠しやすくなる
  • 胎盤の血管障害のリスクを減らす⇒妊娠高血圧症や流産、死産の可能性を減らす

葉酸を適切な量摂取しておくことで、高齢出産につきものの様々な心配事を軽減させることができると言えます。

高齢出産の範疇に入る人は、妊活中から葉酸不足にならないよう、日々の食事を意識したり、サプリメントなどで葉酸を意識して摂ることをお勧めします。

必要な栄養素を効率よく摂取できる!妊娠・妊活におすすめ葉酸サプリBEST5>>

当サイトいちおし葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ
BELTA画像
口コミ人気&リピート率No.1!葉酸+妊娠中に必須の栄養成分、美容成分まで十分に配合。一本でママ&赤ちゃんのトータルケアが実現。
価格:3,980円(税込/定期便)
プレママプラス
トータルサポート
プレママプラス トータルサポート画像
不妊治療専門「アキュラ鍼灸院」監修の妊娠トータルサポートサプリメント。葉酸が推奨量を上回る600μg配合された高濃度処方。
価格:4,800円(税込)
マルチミネラルビタミン
マルチミネラルビタミン画像
19種類のオーガニック野菜から抽出された100%天然素材サプリ。25種類ものビタミン・ミネラルがギュッと凝縮。
価格:7,830円(税込)
 
 
Pagetop