妊活・妊娠中・産後のための葉酸サプリ口コミ比較ランキング 葉酸サプリではじめる健康的な妊娠&出産準備 おすすめ葉酸サプリカタログ 妊活~出産・産後まで丸ごとお任せ葉酸サプリベスト5 葉酸と一緒にとりたい栄養成分 妊娠中に起こる病気・症状 妊娠にどう影響する?葉酸基礎知識 妊娠中に注意すべき食べ物・飲み物
妊活・妊娠中・産後の葉酸サプリおすすめランキング  » 妊娠中に注意すべき食事(食べ物・飲み物) » 肉類

肉類

妊娠中の食事制限を徹底調査。できるだけ避けた食べ物として、お肉(生肉・レバー・ハム・ウィンナー等)についてまとめています。

「O-157」や「トキソプラズマ」が不安な生肉類

肉類は、たんぱく質やビタミンB群の宝庫として大切な栄養源の1つですが、妊娠中はユッケなどの生食用のお肉や、レアステーキなど火が完全に通っていない状態で食べる場合に特に注意が必要です。

生肉類を食べる際の一番の危険性は、肉に付着している細菌やウイルスなどに感染してしまうこと。

特に有名なのが「O-157」で、家畜の糞便などに含まれている大腸菌の一種です。

人の体内に入ることで毒性が強くなり、ひどい下痢や嘔吐、腹痛、発熱などの症状から、ひどい場合は脳症などに至る場合もあります。毎年、温かくなる春ごろから冬の初めまでに流行しやすいと言われています。

また、生肉類に付着しているものとしてもう一つ危険なのが「トキソプラズマ」。豚・羊肉・鹿やネコの糞などにいる寄生虫です。

妊婦さんが感染すると、本人にはほとんど症状が出なくても、胎児に重い障害(先天性トキソプラズマ症)が残る可能性があると言われており、特に注意したいものの一つと言えるでしょう。

これらの危険な細菌やウイルスなどを防ぐ一番の方法は、しっかりと加熱されたお肉を食べること。

また、ネコがトキソプラズマを持っている場合もあるため、飼い猫がいる場合は早めの検査をおススメします。

ビタミンAの過剰摂取に注意!「レバー」

レバー画像レバーは、妊娠中に必須の栄養と言われる鉄分(ヘム鉄)を豊富に含んでおり、体内への吸収性も高いため、鉄欠乏性貧血の予防には積極的に摂りたい食物の一つです。

ただし、レバーは鉄分と同時にビタミンAを豊富に含んでいます。

ビタミンAを過剰に摂取し、体内に過度に蓄積すると、皮膚への障害やお腹の赤ちゃんへの奇形が生じる危険性もあると言われています。

そのため、鉄分の補給はレバーのみで行うのではなく、植物性の鉄分(非ヘム鉄)を含む食材(ほうれん草、小松菜、納豆など)と併用して摂取していくことが大切と言えます。 

生ハム、パテなどの加工食品は「リステリア菌」の危険性アリ

生ハム画像生ハムなどの加熱していない肉類には、「リステリア菌」という菌が存在しています。スモークサーモンやナチュラルチーズ(非加熱のチーズ)などにもいると言われています。

健康な成人の場合、感染することが少なく、あまり知られていないのですが、妊婦さんは免疫力が低下していることもあり、普通の20倍も感染しやすいといわれています。

症状は発熱など、インフルエンザのものと似ているのですが、リステリア菌に感染すると胎盤をとおして赤ちゃんに感染し、早産や死産、新生児の髄膜炎・敗血症などの原因になる可能性もあります。

早めに抗生物質を服用すれば胎児への感染をふせぐ事ができるため、もし気づかずにナチュラルチーズや生ハムを食べてしまった場合は、医師に相談しましょう。

当サイトいちおし葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ
BELTA画像
口コミ人気&リピート率No.1!葉酸+妊娠中に必須の栄養成分、美容成分まで十分に配合。一本でママ&赤ちゃんのトータルケアが実現。
価格:3,980円(税込/定期便)
プレママプラス
トータルサポート
プレママプラス トータルサポート画像
不妊治療専門「アキュラ鍼灸院」監修の妊娠トータルサポートサプリメント。葉酸が推奨量を上回る600μg配合された高濃度処方。
価格:4,800円(税込)
マルチミネラルビタミン
マルチミネラルビタミン画像
19種類のオーガニック野菜から抽出された100%天然素材サプリ。25種類ものビタミン・ミネラルがギュッと凝縮。
価格:7,830円(税込)
 
 
Pagetop